読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力人間の日記

ニートになりたい研修医のブログです。備忘録や日々思ったこと。大したことは書いてないです。

LGBT、同性婚について思うこと

この何年かでLGBT、同姓婚というワードをよく聞くようになった。

 

LGBTとは、

 

L(lesbbian レズビアン)     性自認が女性で、恋愛対象が女性の人

G(gay  ゲイ)          性自認が男性で、恋愛対象が男性の人

B(Bisexual バイセクシュアル)  性自認が男性、あるいは女性で、恋愛対象が両性      

                 の人

 

T(Transgender トランスジェンダー)生物学的な性別と心の性別が一致しない人。

 

大体こんな感じ?

なんとなくイメージはつくけど、言葉で説明するのが難しいな。間違ってたら教えてください(..)

 

そういえば高校の同級生でトランスジェンダーの子がタイで性転換手術を受けて名前変えてたなあ。もともと美青年な子だったけど、成人式で会った時にすごい美人さんになってた。

 

 

 この前気になったニュースがあった。

 

14年12月に「同性婚」を発表し、翌15年4月に挙式したタレント一ノ瀬文香(36)とダンサー杉森茜(30)が破局していたことが11日、分かった。2人は、婚姻届は都内の区役所で不受理となったが、事実上の結婚生活を送ってきた。(日刊スポーツ)

 

2人が結婚した当時もニュースになっていたような気がする。

ネット上で「これだから同性愛者は長続きしないんだよ・・・」みたいな意見があったけど同性愛者のカップルって基本的に表に出てこないからわかんないよなあ。男女のカップルだってふつうにわかれるわけだし。

 

 

電通ダイバーシティ・ラボによるとLGBTは日本人全体のの7・6%に相当するらしい。7.6%ってかなり多い。13人に一人の計算。

 

日本の人口が約1億3千万人。1億3千万の7.6%は988万人。日本でナンバー2の人口を誇る神奈川県の人口が914万人くらい。LGBTの人だけでLGBT県作ったら神奈川県より多くなる!

  

こんなにいるのに、日本では今までいなかったことにされているような感じがするし、いまだにタブー視してる人も多い。一橋大学で同姓を好きになった男の子が自殺してしまったという悲しいニュースもあった。

 

世の中異性愛者が多数派だけど、誰が誰を愛すかなんて第三者に決められるものじゃないし、ましてや批判される筋合いなんてない。異性愛者にだって当事者以外には理解されない愛の形や家族の形はいろいろあるだろうし。

 

否定する人たちは自分が見慣れてない、得体のしれないわからないものが怖くて存在を否定するのかなあ?

人間は見慣れた顔に好感を感じるっていう心理学者のロバートザイアンスが唱えた単純接触効果ってのがあるらしい。最近はLGBTがテレビでよく取り上げられているからそのうちみんな見慣れてくるのかな。

 

離婚した一之瀬文香さんが出演したワイドナショーという番組でデヴィ夫人が「結婚は子孫を残すことですから、それに反しますよ」「自然の摂理に反する」と発言していたというニュースがあった。

 

生物には子孫を残そうっていう本能はあるかもしれないけど、結婚は必ずしも子孫を残さないといけないってことはない。子供がいない夫婦は結婚したらいけないのか?ってことになるし。そもそも同姓婚が仮に日本でできるようになったとして、他の人になにか不都合があるのだろうか。経済効果とか見込めていいんじゃないかとか思ったり。

 

そもそもLGBTの人たちがこんなにも存在していて、誰かを愛することや、結婚するという当り前な権利を反対することって人権に反するのでは?とか思ってしまった。