脱力人間の日記

ニートになりたい研修医のブログです。備忘録や日々思ったこと。大したことは書いてないです。

学生は必ずしも部活に入る必要はないと思う。新入生にはメリットデメリットを考えて決断してほしい

今週のお題「部活動」

 

私は運動が好きだけど部活が嫌いだ。

中学、高校とバスケ部に所属していたけど。大学では帰宅部だった。

 

嫌いな理由は以下の2点かなあ。

 

①集団行動や連帯責任があった

 

バスケ部でチームプレイだったからか、ある1人が校則を破った時に何故かその学年全員呼び出されて連帯責任を取らされて怒られた記憶がある。

 

部活という一つの組織に属するということなので集団で動かなければならない。

集団で動くってことは個人がなくなること。部活のルールは必ず守らないといけない。日本人のみんな一緒主義。自由人の私にはそれがしんどかった。

 

暗黙のルールとして部活の活動(日々の練習、休日の試合など)は強制参加とか、部費を払わなければいけないとかあるけど、それは入部する前に決められてるものであって、なんでこれに行かなければいけないんだろうっていう疑問を持ってはいけない感じがだるい。自分達で考えて何かをするというよりは、部活の決まりだからこれをするというのが嫌いだ。決められたルールに従うだけ。

 

 

 ②時間や行動が拘束される

 

放課後や長期休暇が部活動の時間にとられると、部活動以外のことができなくなったりする。

 

例えば旅行。一ヶ月、二ヶ月もある休みは学生の特権。そこを利用して旅行に行かないでいついくんだろうって思う。部活という狭い世界を飛び出して新しい世界に行くことで視野も広がると思う。長期休暇中に新しいことをやり始めるのもいいと思う。

 

 

スポーツ推薦で進学する人は別として、部活に時間がとられて学業がおろそかになってしまうなら本末転倒だと思う。なんのために学校に行ってるのかって思う。

 

上記2点の他に部活のデメリットをあげてみよう。

 

⚫︎人間関係

 これはメリットでもデメリットでもある。顧問や、同級生、先輩とうまくいけばいいが、合わない場合は最悪だ。辞めずらい部活だとなおさら。辞めた後も学校で会うときまづかったりするのかなあ。

 

部活を辞めたい人に一言言いたいけど、辞めたい時に自由にやめればいいと思う。やりたくないと思って惰性でダラダラと続けてる時間がもったいない。周りの人間なんか気にするな。

        

⚫︎お金がかかる

中学、高校だとそんなにお金はかからないかもしれないけど、大学の勧誘だと新入生に奢ったりするために結構お金がかかると思う。お金もとられて時間もとられてしまう可能性もある。

 

⚫︎部活の顧問の先生の労働問題 

顧問の先生は、平日の放課後と休日に出勤しなければいけない。

顧問をやりたい人はやればいいと思うけど、 やりたくない人もいるので自由に選択できればいいと思うし、顧問の先生には時間外手当が出ればいいと思う。

 

デメリットはこんな感じか。

メリットも考えてみる。

 

 

 

部活のメリットって?

⚫︎競技が上手くなる

⚫︎苦楽を共に過ごした繋がりの強い友人、先輩、後輩ができる 

⚫︎青春??

 

 

こんな感じかなあ。

部活には入らなくても、地域のスポーツクラブや、地域で活動してるコミュニティに属せば上の二つは満たせると思う。

通ってる学校が強豪校でなければ、スポーツ経験のある新任の先生が片手間で部活の顧問をしていることもあるだろうから、地域のスポーツクラブの方が指導者がちゃんとしてる可能性がある。

 

スポーツ系青春漫画がよくあるけど、部活だけが青春ではないと思うし、憧れて入部したら思ってたのと違ったってこともあると思う。

 

 

 

部活に入る前に、メリット、デメリットを考えて入ることをお勧めします。