脱力人間の日記

ニートになりたい研修医のブログです。備忘録や日々思ったこと。大したことは書いてないです。

医師国家試験お疲れ様。

3月17日に第111回医師国家試験の合格発表が行われたよう。

受験生のみなさんお疲れ様です。

 

自分も110回の受験生だったけど、あんまり記憶がない笑

医師国家試験は三日間で500問解くんだけど、メンタルがやられたのか、途中で来なくなってる人がいたの覚えてる。私の斜め前くらいに座ってた女の子が2日目に来てなかった。3日目は何故か来ていたんだけど。

 

普通に勉強してテスト開始から終了までメンタルと体力がもてば受かる試験だとは思うけど、受験当日になにが起こるかなんて誰にもわからないよね。私は確か、テスト本番に深読みしすぎて簡単な問題間違えたような気がする。

 

とりあえず三日間会場に行って椅子に座って、与えられた500問をこなさないと採点上のスタート地点に立てないと思う。1日でも休んだら確実に落ちる。その女の子はどうなったんだろうなあ。

 

研修医になってから全然勉強してないから私が今国家試験受けてもきっと受からないな。

 

人生について考えてみると、全てがどうでもよくなる。

気づいたら3月中旬で時間の流れの早さにまたビックリしている。

月曜日が始まると嫌だなと思うけど、気づいたら週に一回あるかないかの休みがきている。 毎日毎日新しい気持ちで必死に生きていきたいけど、そんな風にはいかない。きっと惰性で生きてるんだと思う。休みの日を迎えるために連続した日々の波をなんとかして超えている感じ。

 

友達と人生観についてLineで話したのでそれについて書いてみようと思う。

neet21110.hatenablog.com

時間はさらさら流れていくにも書いたけど、人生は生まれて死ぬだけで何の意味もないと思う。そもそも「生まれる」って受け身で、自分から生まれたいと思って生まれた人はいないはずだ。

 受け身を無理に消してみると、

自ら生を望んで生まれた人=「生まる、生った(うまる、うまった)」になるのかな笑

 

親の勝手な都合で生まれたのにこの世に生まれた奇跡とか、産んでくれてありがとうとか言ったり、命は尊いとする思考過程ははどこからくるのだろうと友達と話していた。生まれたことに意味づけするためのものだろうか。一応書いておくけど、これは純粋な疑問で、別に人を殺していいと思ってるわけではないよ。

 

 人生は親の都合で生まれてただ死ぬだけで何にも意味がないと考えると、小さいいざこざや悩みがすごくどうでもよくなってくる。世間体とか周りの基準とかくだらないものに思えてくる。人間関係、学歴、年収、恋愛、結婚、勝ち組、負け組、容姿の良し悪しとか。 

人生は無意味だから、ただの時間潰しと思って気軽に適当に好きなように暮らしたい。

 

 

 

 

 

ディズニーランドに行きたいと思わない理由

 

neet21110.hatenablog.com

 前回上記のようなことを書いたのでディズニーランドに行きたいと思わない理由について書いてみることにした。

 

一応断りを書いておくけど、ディズニーランドが好きな人、ディズニーランドそのものを否定しているわけではないです。好きな人も嫌いな人もいるでしょう。

あと、ディズニーのキャラクターは別に嫌いではないです。ディズニーのアニメはくまのプーさんしか見たことないけど、面白かった。むしろ自分がプーさんになりたいと思ったくらい。あんな風にのんびり暮らすのが理想です。

 

①そもそもテーマパークにあんまり興味がない。

ディズニーに限ったことじゃないけど、ユニバーサルスタジオなどにもすごい行きたい!とか思ったことがない。これはただの嗜好の問題。友達に誘われてどっちも行ったことはあるけど、また行きたいと思わなかったなあ。

 

②乗り物にのっても楽しいと思えない

何時間、何十分と並んで、2.3分で終わるどこにも連れていってくれない乗り物にのってもあまり楽しいと思わなかった。プーさんは好きだけど、プーさんのハニーハントだ!わーい楽しい!もう一回並んで乗ろう!とは思えない。スプラッシュマウンテンとかぼーっとしてたら終わっちゃうし、なんだか虚しさを感じる。

 

③混雑しているところにわざわざ行きたいと思わない

これはディズニーランドに限った話ではないけど、休日にいったら乗り物とか何時間待ちだから、そこまでして行きたいと思わない。

 

④ちょっと宗教チック

夢の国を徹底してるのはすごい。でもパレードとかみたらなんだか宗教みたいで怖い。現実逃避したい気持ちはわかるけど、作られた世界ってわかってるところに行くなら現実にいたいな。

 

ざっと思いつくのはこんな感じかなあ。

 

 

 

夢の国のパレードが怖い 願いはいつか叶うなんて嘘。

youtubeを見ていたら横にある関連動画みたいなところにディズニーシーのパレードの動画が出てきた。七夕の時期に行われるディズニー七夕デイズというものらしい。ディズニーランドやディズニーシーが特別好きな訳じゃないけど、なんとなく動画を見てみた。

 

織姫と彦星の格好をしたミッキーとミニー、ダッフィとシェリーメイ、プリンセスとプリンス達が大きな船の上にのってみんなに手をふっている。七夕の曲が流れている中、船が進んでいる。

曲は笹の葉さーらさらー♪や、英語の曲。英語はよくわかんないけど、wishes なんとかって言ってるから、願いをかけよう的な感じだと思う。

ミニー「今日はみんなで願いをかけよう」

ミッキー「星に願いをかけましょう」

プリンセス1「願いはきっと叶うはずよ」

ミッキー「みんなで一緒に歌おう。いのればきっといつか叶うでしょう」

 

 

こんな感じでパレードは進行していくんだけど、ただこれだけなんだけどなんか怖かった。

 

何が怖いって、ミッキーとミニーは首から上が全く動かなくて表情が無いのに首から下は激しく動いてるし。全館放送みたいにミッキーの声が聞こえてくるのも怖いし。みんなで一緒に「願いはいつか叶うでしょう」って歌うところは宗教みたいで怖いし。そもそもいつか叶うのいつかっていつだよ!!!

 

祈るだけで願い叶うならみんな苦労しないよ。

 

ディズニーランドはキャストから徹底してみんなで夢の国を作ってるのはすごいと思う。好きな人は好きなんだろうなあとは思う。私の周りにもディズニーファンの人は結構いる。

 

私も一応片手で数えられるくらいは行ったけど、夢中にはならなかったなあ。

どこにもいかない乗り物に何時間も並びたくないし、全体的にテンション高い空間についていけない。

あの空間はあの空間が好きな人以外は居心地悪いだろうなあ。虚構で固められた世界を実感してしまう。

 

 

 

 

 

時間はさらさら流れていく

だんだん暖かくなってきた。

3月は別れの季節だからかなんだか少し寂しくなる時がある。なんでだろう。冬がもう終わっちゃったと思ってしまうからだろうか。

 

大学卒業して社会人になってこの一年間何してたんだろう。毎日病院に働きに行ってるけど、相変わらず自分はダメな研修医のままだ。

 

辛い時も楽しい時も時間だけは無常にすぎていく。世の中には色んな人間がいるけど、時間だけはみんな平等だ。

このまま時はさらさら流れて、歳だけとって病気や寿命で死んでいくんだろうけど、人生ってなんのためにあるんだろう。生まれて死ぬだけ。自分のため?親のため?社会のため? 人生なんて生まれて死ぬだけで何の意味もないのに色んなことで争ったり、しょうもないことで比較したり、優越感にひたったり、どうでもいいことで悩んだり。なんだかすごいくだらないなあ。

 

 

仕事に行きたくない

仕事に行きたくないけど行くしかない。

毎日毎日仕事に行って、生きるために仕事してるのか、仕事のために生きてるのかわからない。自分のために生きていきたいのに、今の生活はまるで体が仕事のために生まれてきたみたい。

 

もっとオンオフはっきりした働き方がいいなあ。なんでこんな窮屈で余裕がない気持ち になるんだろうか。

 

まわりの研修医達は医学に対してやる気もあって貪欲ですごいと思う。二年間の研修医制度で興味の全くない科をローテートしてる時なんて特に辛いのに。

 

しんどい。働きたくない。