脱力人間の日記

ニートになりたい研修医のブログです。備忘録や日々思ったこと。大したことは書いてないです。

たかが世界の終り(It’s only the end of the world) 人間は血がつながっててもわかりあえない他人

2月11日の公開日にグサヴィエドラン監督の「たかが世界の終り」を見てきた。

恵比寿ガーデンプレイスの映画館まで行ってきたけど、あそこは本当にgarden placeでした。一つの敷地にデパート、映画館、美術館、レストラン、庭があって、外にはベンチとか置いてあって、今までララポートみたいな複合施設しかいったことなかったのでビックリしたww

デートスポットとして人気あるんだろうなあという感想。お一人様のひとも結構いたけれど。

 

 

映画のあらすじ

 

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気作家のルイ。母のマルティーヌは息子の好きだった料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌは慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ、彼の妻のカトリーヌはルイとは初対面だ。オードブルにメインと、まるでルイが何かを告白するのを恐れるかのように、ひたすら続く意味のない会話。戸惑いながらも、デザートの頃には打ち明けようと決意するルイ。だが、過熱していく兄の激しい言葉が頂点に達した時、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる――――。 (引用しました)

 

 

続きを読む

女子力(あるいは男子力)からみんな解放されますように

昨日の朝スマホを開いたらちょうど気になる記事が目にとまった。

3月8日は国際女性デーということで女性関連のインタビューの記事だった。

 

インタビューされた方の娘が幼稚園で「女のくせに」といわれて、幼いころから性別の固定観念があって、子供をしばりつけていくんだなと感じたそう。

 

続きを読む