読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラック大学病院で働くのんびり研修医の日記

ニートになりたい研修医のブログです。備忘録や日々思ったこと。大したことは書いてないです。

学生は必ずしも部活に入る必要はないと思う。新入生にはメリットデメリットを考えて決断してほしい

今週のお題「部活動」

 

私は運動が好きだけど部活が嫌いだ。

中学、高校とバスケ部に所属していたけど。大学では帰宅部だった。

 

嫌いな理由は以下の2点かなあ。

 

①集団行動や連帯責任があった

 

バスケ部でチームプレイだったからか、ある1人が校則を破った時に何故かその学年全員呼び出されて連帯責任を取らされて怒られた記憶がある。

 

部活という一つの組織に属するということなので集団で動かなければならない。

集団で動くってことは個人がなくなること。部活のルールは必ず守らないといけない。日本人のみんな一緒主義。自由人の私にはそれがしんどかった。

 

暗黙のルールとして部活の活動(日々の練習、休日の試合など)は強制参加とか、部費を払わなければいけないとかあるけど、それは入部する前に決められてるものであって、なんでこれに行かなければいけないんだろうっていう疑問を持ってはいけない感じがだるい。自分達で考えて何かをするというよりは、部活の決まりだからこれをするというのが嫌いだ。決められたルールに従うだけ。

 

 

 ②時間や行動が拘束される

 

放課後や長期休暇が部活動の時間にとられると、部活動以外のことができなくなったりする。

 

例えば旅行。一ヶ月、二ヶ月もある休みは学生の特権。そこを利用して旅行に行かないでいついくんだろうって思う。部活という狭い世界を飛び出して新しい世界に行くことで視野も広がると思う。長期休暇中に新しいことをやり始めるのもいいと思う。

 

 

スポーツ推薦で進学する人は別として、部活に時間がとられて学業がおろそかになってしまうなら本末転倒だと思う。なんのために学校に行ってるのかって思う。

 

上記2点の他に部活のデメリットをあげてみよう。

 

⚫︎人間関係

 これはメリットでもデメリットでもある。顧問や、同級生、先輩とうまくいけばいいが、合わない場合は最悪だ。辞めずらい部活だとなおさら。辞めた後も学校で会うときまづかったりするのかなあ。

 

部活を辞めたい人に一言言いたいけど、辞めたい時に自由にやめればいいと思う。やりたくないと思って惰性でダラダラと続けてる時間がもったいない。周りの人間なんか気にするな。

        

⚫︎お金がかかる

中学、高校だとそんなにお金はかからないかもしれないけど、大学の勧誘だと新入生に奢ったりするために結構お金がかかると思う。お金もとられて時間もとられてしまう可能性もある。

 

⚫︎部活の顧問の先生の労働問題 

顧問の先生は、平日の放課後と休日に出勤しなければいけない。

顧問をやりたい人はやればいいと思うけど、 やりたくない人もいるので自由に選択できればいいと思うし、顧問の先生には時間外手当が出ればいいと思う。

 

デメリットはこんな感じか。

メリットも考えてみる。

 

 

 

部活のメリットって?

⚫︎競技が上手くなる

⚫︎苦楽を共に過ごした繋がりの強い友人、先輩、後輩ができる 

⚫︎青春??

 

 

こんな感じかなあ。

部活には入らなくても、地域のスポーツクラブや、地域で活動してるコミュニティに属せば上の二つは満たせると思う。

通ってる学校が強豪校でなければ、スポーツ経験のある新任の先生が片手間で部活の顧問をしていることもあるだろうから、地域のスポーツクラブの方が指導者がちゃんとしてる可能性がある。

 

スポーツ系青春漫画がよくあるけど、部活だけが青春ではないと思うし、憧れて入部したら思ってたのと違ったってこともあると思う。

 

 

 

部活に入る前に、メリット、デメリットを考えて入ることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

人間が結婚することについて考えてみた。

最近自分の周りで親族が結婚したり、同級生が結婚したりと結婚ラッシュが続いている。

 

世間のしがらみ的にある程度の年齢で結婚してないと理由を尋ねられる風潮があるけど、シンプルに、結婚したい人はすればいいし、したくない人はしなければいいと思う。

 

なんとなく、結婚する理由について考えてみた。こんな細かいこと考えないで、直感で結婚しようって思う人もいるのかもしれないけど。

 

 

 

結婚の理由①

子供が欲しいから。

子孫を残したいと思うのは生物の本能。

 

続きを読む

研修医2年目突入。研修医1年目を振り返ってみる。

四月からついに研修医2年目になってしまった。

 

研修医1年目を振り返ってみようとおもう。

 

外科

朝は6時30〜7時に出勤。

帰宅は早くて19時、遅いと日が変わるくらい。

外科の先生達の体力は異常。

朝から手術入って、夜の19時くらいまで飲まず食わずトイレにもいかずひたすら手術してたときもあった。食べ物をエネルギーにしてるんじゃなくて、核燃料で動いてるのかな?

同じ人間とは思えなかった笑

 

当直で緊急オペがあって寝れなくても、次の日も休みなく働いていた。

飲み会を朝の4時までやってたけど、次の日も休みなく働いていた

 

外科は忙しかったけど、手術に入ったり手技を経験させてもらえて楽しかったな。先生達は忙しいし疲れてるだろうに、研修医の私にはとても優しかった。

 

他のどの科よりも長時間労働だったけど、やりがいみたいなものがあった。体力に自信ないから外科にはなれないと思うけど。

 

内科1

9時5時で終わる暇な科だった。救急外来の当直はきつかったけど。

内科2

まあまあ忙しかった。昼ごはん以外の休憩はあんまりなかった。休みも月に2回くらい。

麻酔科

正常に起きてる病人を眠らせて手術をするための科。

 

救命センター

超辛かった。月に当直を8回もした。当直明けは帰れるわけでもなく、ぶっ続けで働いた。働いたっていっても雑用なんだけど。たいしたことはしてないけど、当直はほぼ睡眠時間ゼロ。20分に一回はピッチが鳴ってた気がする。

救急車も結構きてたな。

 

当直あけで疲れて仕事してたら上の先生に、

 

のろのろ仕事してんじゃねえよ!

 

と怒られたのはいい思い出。

 

だいたいこんな感じか。

 

外科の先生に言われたのは、「体調悪くなった時に労災がおりるようにタイムカードの打刻だけはしとけ」ということだった。

当直明けに帰れないのは明らかに労働基準に違反してると思うし、下手したら医療事故につながってしまうのではないかな。なんとかならないかなあ。

こんなに働いてるのに大学病院なので給料は低い。なので先生達はバイトに行ってる。ちなみに退職金もない。

 

ブラックだな。

 

 

 

春が本当に来ちゃった

気温がだんだん暖かくなってきて、日差しも強くなってきた。

冬を越えて春が来ちゃっている。

冬の寒くて暗い時代が終わって、世界が明るくなってみんながウキウキしてるのがわかる。

根暗?だからなのか、春のそういう感じがあんまり好きじゃない。新しい季節にまだ自分が適応できてないだけかもしれないけど。

三連休が羨ましい。長期休暇ほしい。

今日で三連休は終わり。

 

私には1日しか休みがなかったので羨ましい。

 

研修医になってから連休は2回くらいしかなかったな。

猛烈に長期休暇を欲している。しばらくニートになりたい。人より体力と気力がないので、回復するのに時間がかかる。休みの日は誰とも会わないで寝込んだりぼーっとして体の中から何かを出さないと死んでしまう。たまった静電気を放電するみたいに。

 

大学病院がブラックすぎてつらいぜ。上級医の先生は、今日が半年ぶりの休みだったらしい。凄すぎる。

 

誰とも会わないでひきこもる時間がないと回復できないので休みがないのはしんどい。

義務教育で教えて欲しいこと

お題「義務教育で教えて欲しいこと」

 自分が義務教育の時に何をしていたか思い出してみると、何にもしてなかったと思う。自称進学校で受験勉強しか教えてないクソみたいな中高一貫校に通っていたので高校受験がないため中学の時は全く勉強なんてしてなかった。

毎日ヘッドホンつけて銀杏boyzとか聴きながら登校してたのは覚えてる。

 

 

 義務教育で教えて欲しいこと①「みんな違う人間、みんな一緒じゃなくていい」

 

日本だとみんな一緒主義みたいなところがある。集団行動がうまくとれるように教育されてるような感じ。そんなものは教えなくていいと思う。生まれ育った環境、生まれ持った遺伝子が違うんだから、もっと個性を受け入れてくれるような教育をして欲しかった。周りと違うから悩む子がいると思うけど違うのが当たり前だと思う。

 

 義務教育で教えて欲しいこと②「自分がどう考えるかが大事、他人は気にするな」

 

日本の教育は完全に受け身だと思う。教師が黒板に書いたことを写して、記憶するのがメインだと思う。もちろん世界史とか日本史とかは記憶するしかないんだけど。

もう少し小論文みたいに自分の意見を発表できるような授業をして欲しかった。小論文みたいに堅苦しくなくていいから、フランクに各々の意見を言えるような時間があればいいと思う。自分の主張をはっきりと持つことは大事だと思う。押し付けるのはよくないけど。日本だと主張が強いと嫌われちゃうかもね。自己主張とわがままは表裏一体かも。何かを選択する時によく他人の目線を気にする人がいるけど、結局人生なんて他人にどういわれようが、自分が納得してればなんでもいいと思う。

 

 

義務教育で教えて欲しいこと③ お金や投資について」

 

 日本ではお金について考えるのはマイナスにとらえられることがある。汗水働いてお金を稼ぐのが美徳みたいな。でもお金は生きていく上で必要不可欠なものだし、お金の管理方法とか投資について教えてくれれば良いのにと思った。

給料上がらないかなあってぼやいてる社会人がいるけど給料上がらないのは上がらない理由があるんだと思う。汗水働いても給料が上がらないことをちゃんと教えて欲しい。

 

 

まとめると、欧米みたいに個人主義を取り入れて、金融教育をして欲しいということになっちゃた。