脱力人間の日記

ニートになりたい研修医のブログです。備忘録や日々思ったこと。大したことは書いてないです。

医者は聖職でもないし天才でもない。ただの人間。

www.yomiuri.co.jp

 

こんなニュースがあった。

 

読んでて辛い。

 

新潟市民病院の研修医が自殺。労災認定された。

 

 

病院や地域や科にもよると思うけど 、勤務医の労働環境は劣悪だと思う。(もちろん例外もあります。)

 

日本は他の国と比べて一人当たりの患者数が多いし、患者さんがすぐに医療機関を受診できるようなシステムにある。それに加えて無駄な事務仕事が多い。

だから忙しくなる。

 

医者の仕事は、しっかりコミュニケーションとって、しっかり患者さんを診て検査の方針や治療方針などを検討して、指示を出すこと。

 

なのにこれ以外にもしょうもない事務仕事がたくさんある。保険の書類などの記入するだけの事務仕事とか。事務さんがやればいいのになと思う。

 

こういうのもあって医者の忙しさを加速させてると思う。

 こういう忙しさに、当直明けに帰れないとか、休日はオンコールまみれで休めなかったりする。

 

 

医者本来の仕事である、患者さんのことを診るという本来の医者の仕事ができなくなってしまう。医者なんてただの人間なんだから休まないと無理だ。

医師が疲れてると医療事故にもつながってしまい、患者さんにも不利益だ。

 

医者が聖職とか、立派な仕事だと思ってる人は大間違い。ただのブラックな労働者ですよー。。。

 

アメリカみたいにもっと医療の仕事の分業を進めたらいいのにと思う。アメリカでは日本にはない医療の職種があったりして、分業化が進んでいるらしい。

 

分業化が進んで、医者が本来の仕事に集中できるようなになって、もっと労働環境が改善したらいいのにと思う。

あとは全体的な人手不足の改善が必要。

 

このニュースはただの氷山の一角で、激務に耐えて今にも死にそうな医者なんてたくさんいるんじゃないかと思う。

耐えるのが立派だ!とかそういう根性の問題じゃなくて、このニュースと同じようなことを繰り返さないために、医療現場の労働環境を改善していかないといけないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者の給料事情

医者はみんなが思うほどお金もらってないと思う。

上記はあくまで個人的な意見です。

今大学病院で働いてるからそう思うのかもしれない。

医者が世間から求められてる責任や、勉強時間、昼夜問わず働く労働時間とかを考えるとがっぽり儲けてるぜ!って感じはあんまりしないのです。

 

医者は給料貰いすぎだ、とか、医者ならお金あるだろうとか巷では思われてるみたい。。。

まあ、医者の給料って一概に言っても、働き方によってかなりの差がある。

 

単純に金儲けしたいだけならもっと他にいい仕事があると思う。

 

 まず、医者の給料を左右するのは大きくわけて以下の3点

 

 ①何科か

②勤務医か開業医か

(勤務医の場合は大学病院か市中病院か)

③都会か田舎か

 

科によって体力的な大変さや労働時間も異なる。もし同じ給料をもらっていたら外科系の先生のほうが時給は少なくなると思う。(労働時間は病院にもよるけど)

 

②勤務医の場合、大学病院より市中病院のほうが基本的に給料は多い。大学病院だと、大学からは生活できるような給料をもらえない場合がある(これも大学によるが)ので週に1回か2回は外の病院に行ってお金を稼ぎに行ったりもます。あとは当直バイトとか。

開業医の場合はそこのお医者さん次第かなあ。

 

③基本的に田舎のほうがお給料は高いです。

 

例えば皮膚科で開業して保険がきかない美容系の診療をやっていて、そのクリニックが人気なところであれば、儲かってると思います。

 

都内の大学病院だと、みんなが想像してるほどはもらってないと思います。

 

 

 

 

 

 

力を抜いて生きていきたい

お題「自分を励ます言葉」

 

自分を励ます言葉は

 

「人生は生まれて死ぬだけで何の意味もない」

 

「人生はただの暇つぶし」

 

この2つ。

 

この2つを聞くとふっと力が抜けて楽になる。

小さい悩み事もさよならーって感じになる。

巷で良いと言われてる基準を抜けて狭い視野がグーンと広がって自分の基準で考えられるようになる。

 

「努力は裏切らない」「根性!」「あきらめたらそこで試合終了」とかよく聞く。努力は大事だし、あきらめないことも大事なんだけど、こういう言葉ばっかりだと、みんな疲れちゃうんじゃないかな。

 

たまに、何のために生きてるんだろうとか考えたり、他人の人生と自分の人生を比べて自分を卑下してしまうことがあるけど、人生に意味がなくてただの暇つぶしだと考えたらすごく楽になった。もっと暇つぶしの人生を楽しく過ごそうと思えるようになった。

LGBT、同性婚について思うこと

この何年かでLGBT、同姓婚というワードをよく聞くようになった。

 

LGBTとは、

 

L(lesbbian レズビアン)     性自認が女性で、恋愛対象が女性の人

G(gay  ゲイ)          性自認が男性で、恋愛対象が男性の人

B(Bisexual バイセクシュアル)  性自認が男性、あるいは女性で、恋愛対象が両性      

                 の人

 

T(Transgender トランスジェンダー)生物学的な性別と心の性別が一致しない人。

 

大体こんな感じ?

なんとなくイメージはつくけど、言葉で説明するのが難しいな。間違ってたら教えてください(..)

 

そういえば高校の同級生でトランスジェンダーの子がタイで性転換手術を受けて名前変えてたなあ。もともと美青年な子だったけど、成人式で会った時にすごい美人さんになってた。

続きを読む

逃げることは選択のひとつ。耐えるだけの時間は不毛。

「石の上にも三年」っていうことわざがある。

 

冷たい石の上に三年も座ってれば温まってくる。がまん強く辛抱すれば必ず成功することたとえ。

 

日本にはこのことわざにあるように、辛いことにも我慢して耐えることが美徳とされたり、根性や努力を評価する風潮がある。

 

この石の上にも三年っていうことわざが個人的には嫌いだ。そもそも石の上に三年いることで何が得られるんだよ?って思ってしまう。笑笑

 

「石の上」にも三年。石の上かあ。

努力や根性はもちろん何かを成し遂げるにはある程度は大事だけど、努力の方向性が間違っていたら何にもならないと思う。「石の上」って努力する方向性間違ってない??

 

 

石の上にも「三年」

三年も耐えたら何かを得られるって?

 

耐えてるって思ってる時点でもう辛い証拠。

そんなに辛い思いをして時間を浪費しているんだったら、居場所を移した方がいいと思う。

 

それは決して「逃げ」ではなくて、「選択」だ。

 

部活が辛くて辞める、会社が辛くて辞める。

こういう人たちに「お前逃げるの?」っていう人たちがいるけど、「逃げるの?」って言ってる時点でこの人達も部活や会社が辛いと思ってるのかもしれない。

 

 

そして日本の耐える文化の嫌な点は他人に強制させるとこ。

会社で上司が長時間労働に耐えているから、部下もそれに従わざるを得なかったり。

部活のきついしごきが毎年繰り返されたり。

 

「俺たち、私たちも耐えてきたんだからお前らも耐えろ」みたいなのがあると思う。

 

どうして、「自分が辛い思いしたから後輩にはこういう思いはさせないようにしよう。」ってならないのか不思議だ。

 

 

日本の根性論が薄れていけばいいなと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生は必ずしも部活に入る必要はないと思う。新入生にはメリットデメリットを考えて決断してほしい

今週のお題「部活動」

 

私は運動が好きだけど部活が嫌いだ。

中学、高校とバスケ部に所属していたけど。大学では帰宅部だった。

 

嫌いな理由は以下の2点かなあ。

 

①集団行動や連帯責任があった

 

バスケ部でチームプレイだったからか、ある1人が校則を破った時に何故かその学年全員呼び出されて連帯責任を取らされて怒られた記憶がある。

 

部活という一つの組織に属するということなので集団で動かなければならない。

集団で動くってことは個人がなくなること。部活のルールは必ず守らないといけない。日本人のみんな一緒主義。自由人の私にはそれがしんどかった。

 

暗黙のルールとして部活の活動(日々の練習、休日の試合など)は強制参加とか、部費を払わなければいけないとかあるけど、それは入部する前に決められてるものであって、なんでこれに行かなければいけないんだろうっていう疑問を持ってはいけない感じがだるい。自分達で考えて何かをするというよりは、部活の決まりだからこれをするというのが嫌いだ。決められたルールに従うだけ。

 

 

 ②時間や行動が拘束される

 

放課後や長期休暇が部活動の時間にとられると、部活動以外のことができなくなったりする。

 

例えば旅行。一ヶ月、二ヶ月もある休みは学生の特権。そこを利用して旅行に行かないでいついくんだろうって思う。部活という狭い世界を飛び出して新しい世界に行くことで視野も広がると思う。長期休暇中に新しいことをやり始めるのもいいと思う。

 

 

スポーツ推薦で進学する人は別として、部活に時間がとられて学業がおろそかになってしまうなら本末転倒だと思う。なんのために学校に行ってるのかって思う。

 

上記2点の他に部活のデメリットをあげてみよう。

 

⚫︎人間関係

 これはメリットでもデメリットでもある。顧問や、同級生、先輩とうまくいけばいいが、合わない場合は最悪だ。辞めずらい部活だとなおさら。辞めた後も学校で会うときまづかったりするのかなあ。

 

部活を辞めたい人に一言言いたいけど、辞めたい時に自由にやめればいいと思う。やりたくないと思って惰性でダラダラと続けてる時間がもったいない。周りの人間なんか気にするな。

        

⚫︎お金がかかる

中学、高校だとそんなにお金はかからないかもしれないけど、大学の勧誘だと新入生に奢ったりするために結構お金がかかると思う。お金もとられて時間もとられてしまう可能性もある。

 

⚫︎部活の顧問の先生の労働問題 

顧問の先生は、平日の放課後と休日に出勤しなければいけない。

顧問をやりたい人はやればいいと思うけど、 やりたくない人もいるので自由に選択できればいいと思うし、顧問の先生には時間外手当が出ればいいと思う。

 

デメリットはこんな感じか。

メリットも考えてみる。

 

 

 

部活のメリットって?

⚫︎競技が上手くなる

⚫︎苦楽を共に過ごした繋がりの強い友人、先輩、後輩ができる 

⚫︎青春??

 

 

こんな感じかなあ。

部活には入らなくても、地域のスポーツクラブや、地域で活動してるコミュニティに属せば上の二つは満たせると思う。

通ってる学校が強豪校でなければ、スポーツ経験のある新任の先生が片手間で部活の顧問をしていることもあるだろうから、地域のスポーツクラブの方が指導者がちゃんとしてる可能性がある。

 

スポーツ系青春漫画がよくあるけど、部活だけが青春ではないと思うし、憧れて入部したら思ってたのと違ったってこともあると思う。

 

 

 

部活に入る前に、メリット、デメリットを考えて入ることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

人間が結婚することについて考えてみた。

最近自分の周りで親族が結婚したり、同級生が結婚したりと結婚ラッシュが続いている。

 

世間のしがらみ的にある程度の年齢で結婚してないと理由を尋ねられる風潮があるけど、シンプルに、結婚したい人はすればいいし、したくない人はしなければいいと思う。

 

なんとなく、結婚する理由について考えてみた。こんな細かいこと考えないで、直感で結婚しようって思う人もいるのかもしれないけど。

 

 

 

結婚の理由①

子供が欲しいから。

子孫を残したいと思うのは生物の本能。

 

続きを読む